所属 NTTぷらら
生年月日 1989年10月10日
出身 沖縄県那覇市
血液型 B型
身長 160cm
得意クラブ 7W
ベストスコア 62
趣味 ショッピング 音楽鑑賞
好きな食べ物 魚料理
嫌いな食べ物 ゴーヤー(沖縄出身ですが…。)
好きなスポーツ(ゴルフ以外) 高校野球
好きな映画 The Blind Side
(しあわせの隠れ場所)
好きなアニメ 名探偵コナン
好きな音楽 J-POP、R&B
好きな本 「野球は人生そのものだ」 
長嶋茂雄 著
好きな場所 沖縄
好きな動物
好きなキャラクター クマのプーさん、ひかりカエサル
好きな色 オレンジ
好きな言葉 Never Give Up!
(最後まであきらめない。)
休日の過ごし方 家でリラックス、ショッピング
プロゴルファーになってなかったら? プロゴルファーしか考えられない!
ライバル 自分。コース。
尊敬する人 アニカ・ソレンスタム


父親の影響で7歳からゴルフを始めた宮里美香。ジュニア時代からその才能を開花させ、史上最年少の14歳で日本女子アマチュア選手権を制しました。

2008年12月に米女子ツアーの最終予選会を12位で突破し、日本の女子プロゴルファーとして初めて、日本ツアーを経ずに全米女子プロツアーへの直接参戦のため、同年プロ転向しました。 同じ予選会にはミッシェル・ウィー、ステーシー・ルイスなど錚々たる顔ぶれが揃う中、アマチュアで唯一20位以内に入って合格を果たしました。2008年6月から単身渡米し、フロリダにあるIMGアカデミーで腕を磨き、米ツアーで活躍するための技術だけでなく、英語や文化も吸収することへの努力も心がけ、積極的にフィジカルコーチ及びメンタルコーチ、キャディなどとコミュニケーションを図ってきました。

2009年、全米女子ツアーでプロデビューした宮里美香は、トップ10入りを4回果たすなど、ルーキーとして大健闘しました。

2010年には、P&G NW アーカンソー選手権3位などの活躍を経て、ついに日本のメジャーである日本女子オープンゴルフ選手権競技で念願の初タイトルを獲得します。 3シーズン目の2011年は、4メジャー大会中3大会でトップ10入りを果たしました。着々と力をつけて迎えた2012年、前半戦では自身初の3試合連続予選落ちという厳しい現実を突きつけられますが、復活に向けて今までにないほどゴルフに集中しました。すると、5月のワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの7位を皮切りに、ショップライトLPGAクラシック3位タイ、ウェグマンズLPGA選手権でメジャー過去最高成績の2位タイ、ウォルマートNWアーカンソー・チャンピオンシップ2位タイ、全米女子オープン7位タイと、驚異的な活躍でゴルフファンを魅了します。そして遂に、8月19日にLPGAツアー日本人最年少記録となる22歳での初優勝を、セーフウェイクラシックで達成しました。その年は全英リコー女子オープン、日本女子オープンともに4位の成績でメジャー大会での強さを証明し、ツアー参戦以来、初めての世界ランキング10位入りも果たしました。

2013年、シーズン序盤は成績が振るわない中、9月のエヴィアン・チャンピオンシップにて3日目まで単独首位で大会をリードするも、最終日に崩れ、初のメジャー制覇に惜しくも手が届きませんでした。しかし、この頃から新しくキャディを元石川遼選手とパートナーを組んでいた加藤大幸氏とタッグを組み、徐々に自分のゴルフを取り戻すと、10月の日本女子オープンゴルフ選手権競技にて、大会史上最年少での同大会複数回優勝を達成致しました。

2014年は念願の「メジャー制覇」を掲げチャレンジをしましたが、シーズン通して思うようなゴルフができず、人生初のシード落ちを経験しました。

しかし、翌年の2015年に本来のゴルフと、新たにトレーナーの工藤健正氏をチームに招き、ウォルマートNWアーカンソー選手権で2位に入るなど優勝争いに関わり、トップ10入りも5回果たしました。シード復活と共にシーズン中の活躍により、2016年に112年ぶりにオリンピックに復活するゴルフでの日本代表選手としての出場も視野に入ってきました。2016年、ジュニア時代から日の丸を背負い戦い続けてきた宮里は、オリンピック出場とメジャー制覇による「世界一」を心に、新たなシーズン開幕を心待ちにしています。

〇アマチュアトーナメント

  • 父親の影響で、7歳からゴルフを始める。
  • 2000年に11歳で沖縄県民ジュニアゴルフ選手権に初優勝し、2002年、2003年にかけて同大会で2連覇を達成
  • 2003年のダイキンオーキッドレディース アマチュア選手権大会で優勝
  • 2004年の日本女子プロゴルフ協会ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドで8位に入る
  • 2004年6月の日本女子アマ選手権で、14歳8カ月という日本最年少記録で優勝。
  • 2005年にベルーナレディスカップで9位タイ。
  • 高校卒業後の2008年6月に渡米
  • 2008年12月3-7日のLPGAツアーのクオリファイングトーナメント(シード権獲得のための資格試験)において、アマチュアながら12位で合格し、2009年のシード権を獲得。合格者は20人で、アマチュアの合格選手は宮里1人だけ。

〇プロトーナメント

  • 2009年12月9日、予選会終了後にプロ転向宣言。一緒に合格した選手には、日本の元賞金女王大山志保、また、現在世界ランキング3位のステーシー・ルイス、かつての世界ランキング2位のミシェル・ウィー。
  • 2010年10月、日本女子オープンゴルフ選手権競技でツアー初優勝。JLPGAツアーの」メジャー大会で初優勝
  • 2012年8月、セーフウェイクラシックで米女子ツアー初優勝。
  • 2013年、日本女子オープンゴルフ選手権競技優勝。23歳での同大会複数回優勝は史上初。